人身事故と物損事故

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分や近親者が交通事故に巻き込まれ、被害者になってしまった場合は、必ず人身事故として処理してもらうように警察に届け出ましょう。もし、事故を物損として処理した場合は、賠償金として加害者に請求できるものは、車の修理代のような物に対してかかる費用のみになります。そのため、賠償金の金額も非常に少ないものになります。物損にしか支払いがされないので、ケガや後遺症での入通院費用も補償されません。

人身事故として処理された場合は、加害者に対して、ケガの治療費や入通院の費用、休業損害や後遺障害慰謝料、逸失利益などが請求できます。物損では治療も自費負担なので、安心して治療や通院ができませんが、人身では相手に請求できるので安心して治療に専念できます。

人身事故として扱われた場合は、加害者は運転免許に加算されます。刑事処分が与えられることもあるので、加害者に対して適性にペナルティを与えることも可能です。

被害者としての立場に立った場合、交通事故は人身事故として処理しておきたいところですが、加害者側になれば物損で済ませておきたいものです。そのような思惑の違いから、加害者からは物損で処理するよう頼まれることもあります。しかし、自分に不利益にならないようにするためにも、交通事故被害に遭った場合は、人身事故として処理しておきましょう。