示談の相談は弁護士へ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

人身事故として交通事故が処理された場合、ケガの治療費だけではなく、慰謝料などを含めた賠償金を加害者に請求します。その金額を被害者と加害者サイドですり合わすことを示談と言い、そのときの金額を示談金と言います。

示談交渉の際には、加害者側の保険会社が示談交渉を急ぎたがる場合があります。早く示談を成立させることで、示談金を少しでも抑えようとしたり、数多くの交通事故案件を抱えていたりするので、1つずつをなるべく手身近に処理したいというわけです。しかし、示談は一度成立してしまっては、覆すことができません。急いで示談を成立させてしまっては、後から後遺障害が出た場合にはその分の請求ができません。示談交渉は症状固定してからすることをおすすめします。

そして、示談交渉は相手の保険会社と行います。専門用語を並べられたり、豊富な知識で話をしたりして、相手の保険会社は少しでも支払いを少なくしようとします。示談交渉では、弁護士に相談&依頼することで、豊富な知識で被害者を守ってもらえます。保険会社と個人とが対等に話をすることが非常に難しいので、弁護士に依頼し任せておくと良いでしょう。交通事故に強く、初期費用が少なめの弁護士を見つけることがポイントです。また、交通事故の示談専門の”アディーレ法律事務所”が発生から解決までの流れを掲載しています。被害者になってしまった自分の身を守るためには、交通事故について詳しく知ろうとする姿勢が重要です。参考にしてみてはいかがでしょうか。