物損事故を人身事故へ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故に巻き込まれ、被害者になってしまうことは滅多にないので、実際その立場になった場合は、冷静な判断ができないことがあります。その為、何となく言われた物損事故に対して了承してしまうことがあります。他にも、その場ではケガがないように思えても、あとからむち打ちや体の変化に気付くこともあります。

物損事故では、そういった治療費を請求できません。泣き寝入りせずに、警察で人身事故へ切り替えてもらう手続きをしましょう。体の異変はすぐに診察を受け、医師の診断書をもらいましょう。診断書をもって、なるべく早く警察で事情を説明し人身事故へ切り替えてもらう手続きをします。事故に遭った日から時間が経つほどに、事故とケガとの関係性が疑われ、人身事故へ切り替えてもらえない可能性が出てくるので、早急に手続きしましょう。

警察で切り替えを認めてもらえない場合は、加害者の契約している保険会社に「人身事故証明入手不能証明書」を提出します。様式は保険会社でもらえます。

加害者の契約している保険会社も人身事故として扱ってくれない場合には、裁判を起こすことになります。弁護士に相談、依頼して自分に不利益にならないように交渉してもらいましょう。